うちのみかん

日々のできごと。健康・習慣・行事・お店・暮らし…

コレステロールと中性脂肪

f:id:uchinomikan:20181117172520j:plain

うちのみかんです。

 

みなさんは毎年、

健康診断していますか?

健康診断の項目に、

コレステロール中性脂肪があると思います。

その数値ってどうですか?

 

 

上の表にもあるように、

コレステロールと呼ばれる中には、

『善玉コレステロールと呼ばれる、

 HDLコレステロール

『悪玉コレステロールと呼ばれる、

 LDLコレステロール

があります。

悪玉コレステロールは多いといけない‼

と耳にしたことがあるかと思います。

 

 

体内にはたくさんの脂質があり、

その中で主なものは、

コレステロール中性脂肪

遊離脂肪酸、リン脂質の4つあり

血液中にも含まれ、

それぞれが体を健康に保つために

重要なものだそうです。

 

 

血液中の脂質である、

コレステロール中性脂肪のバランスが

くずれると、動脈硬化を起こすことになり、

心筋梗塞

脳卒中(脳梗塞脳出血くも膜下出血の総称)

などの病気になってしまうことがあるそうです。

 

 

このような病気を

引き起こしてしまうことは、

テレビでもよく聞いたしますが、

改めて意識して考えてみると、

コレステロールが高いことは、

とても恐ろしいことだと思いました。

 

 

コレステロールは、骨、筋肉、内臓、

神経、皮膚などの細胞の材料になるそうです。

他にもコレステロールによって、

体内で作られるものは、

ホルモンや胆汁酸(消化液の一種)

の材料にもなっているそうです。

 

 

コレステロールは体にとって、

とても重要な役割をしているものと

初めて知りました。

 

 

私的には、自分が、

コレステロールが高いため、

悪いイメージしかありませんでした(^^;)

 

 

そして中性脂肪ですが…

中性脂肪も体には欠かせない脂質であり、

エネルギーとなるそうです。

 

 

中性脂肪の使われなかった分は、

皮下脂肪など体脂肪として蓄えられ、

エネルギーとして使われるときは、

遊離脂質酸に分解されるそうです。

 

 

今出てきた体脂肪…

結構、気になりませんか⁇

私、気になります…。

 

 

私は毎朝、体重を量っています(*^^)v

最近の体重計は、

身長、年齢、男女をセットしておくと、

体重、体脂肪、体内水分、骨密度、筋肉量が

出てきてくれるので、

とてもありがたい体重計です❢

 

 

コレステロール中性脂肪が高いと、

脂質異常症と呼ぶそうです。

 

 

脂質異常症3タイプあり、

LDLコレステロールが多すぎる場合

    高LDLコレステロール血症

HDLコレステロールが少なすぎる場合

    低HDLコレステロール血症

中性脂肪(トリグリセライド)が多すぎる場合

    高中性脂肪血症

 

という診断基準があるそうです。

 

 

3タイプどれも動脈硬化

引き起こしてしまうそうですが、

特に!

LDLコレステロール値と中性脂肪値が高い場合、

さらに動脈硬化が早く進むようです。

 

 

やはり、LDLコレステロールを下げるには、

食生活の改善と軽い運動がポイント

のようですね。私も頑張る(^^♪

要注意の方が、

早めに下げるには、

病院に行きお薬を処方していただくのも

良いのかもしれませんね…。

 

 

何よりも健康が一番だと思います‼

これからの季節、インフルエンザも

流行り出すと思います。

みなさん、健康に過ごせるように

自己管理に気を付け、

小さいお子さんは『手洗い!うがい!\(^▽^)/』

で感染予防ですね‼

 

 

今日も最後まで読んでくださり、有難うございました。