うちのみかん

日々のできごと。健康・習慣・行事・お店・暮らし…

老いては子に従え…とは

f:id:uchinomikan:20191020205258p:plain

うちのみかんです。

 

 

『老いては子に従え』ということわざがあります。

最近、母がよく使っている言葉なので調べてみました(^▽^)/

 

 

f:id:uchinomikan:20191021173259j:plain

 

【意味】

年をとった人は、自分の子どものやることや、いうことに従うのがよいということ。

 

 

【解説】

もともとは仏教での女の人への教えでした。

若い時には親に従い、大人になったら夫に従い、老いては子に従うというものでした。

日本でも平安時代の昔から「女の三従」といういい方で、知られています。

有名な紫式部の『源氏物語』では、「女は三つに従う」という形で使われています。

 

 

意味は知っていましたが、解説の方は知りませんでした。

昔の女の人は大変だったんだな~って感じです。

『夫に従う』は強引でイヤですね~。

ですが・・・⇩

 

 

従うのは女か男か?

解説のように、仏教では女の人への教えだったが、実際はそうではなかった。

このことわざは江戸時代から「いろはカルタ」になったけれど、描かれているのはほどんど、おじいさんの絵で、女の人の絵はすごく少ないそうです。

 

 

『老いては子に従え』の言い方が命令口調な感じがしますが…。

『従え=言われた通りにすること』ですが、

なかなかお年寄りはできないのではないのかと思います(^▽^;)

 

 

母もケアマネさん民生委員さんに

『老いては子に従えよね~(^^)』なんて言っていますが…。

はい❓❓❓

 

 

体に良いことを聞いたり、本で読んだりしたら教えるのですが、

昔から全く聞き入れず…"(-""-)"

同じことを他所の人から聞くと信じる…。

はい❓❓❓ 

 

 

他にもですね…

反発してくるので、このことわざは我が家にはいらないと思います(笑)

 

 

 

こちらを参考にしました⇩

 娘が小学生の頃の本を引っぱり出してきました~(≧▽≦)