うちのみかん

日々のできごと。健康・習慣・行事・お店・暮らし…

神様とお米

f:id:uchinomikan:20190519133626p:plain

うちのみかんです。

 

10連休のゴールデンウィークも終わり、5月も半ば過ぎましたね。

私の住んでいる辺りでは田植えは終わったようです。

農家のみなさん、いつも美味しいお米をありがとうございます。

 

 

今日は先日神社へ御祈祷して頂いたときに、待合室で頂いた冊子の

『神様とお米』のことを書きたいと思います。

毎日食べているお米ですが『神様とお米』には関係があるそうです。

 

 

f:id:uchinomikan:20190519133644p:plain

 

 

神様のご飯ってどんなもの?

神様にお供えする食べ物や飲み物を『神饌』(しんせん)といい、

私たちに食べ物をくださった神様に感謝して、おもてなしをするものだそうです。

そして、家の中で神様をお祀りするところが『神棚』です。

お供えした物を食べると神様のパワーが頂けます。

 

 

瑞穂の国ってどこ?

高天原(たかまのはら)にいらっしゃる天照大御神(あまてらすおおみかみさま)は、日本がいつまでも平和で豊かな国であるようにと、孫のニニギノミコトに日本の国を治めるように言われた。

そのとき、大御神様はご自分でお作りになっていた稲を「人々の食べ物にしなさい。」とお授けになったそうです。

ニニギノミコトは、お言葉に従い土地を耕し、稲を作り、豊かな国をお作りになった。

それから日本は「豊葦原瑞穂国」(とよあしはらのみずほのくに)と呼ばれるようになった。

この名前には、稲が豊かに実りますようにとの祈りがこめられているそうです。

 

 

稲穂と神様

稲は、日本の気候にあっていてとても作りやすい。

そのため、お祭りやお正月のご馳走として大切にされてきたそうです。

神話にもあるように、そもそも稲作りは、ただの仕事ではなく神様から授かった神聖なことです。

 

 

f:id:uchinomikan:20190519141803p:plain

季節ごとに行われるお祭りは、稲作への祈りがかたちになったもので、
その中から「神楽」や「田楽」などの文化も生まれました。

 

 

お米とお祭り

天照大御神様をお祀りする伊勢神宮でも、稲作りに関するお祭りがたくさん行われています。

神様にお供えするお米は「神田」(しんでん)とよばれる特別な水田で作ります。

お米の生育にあわせて伝統的な神事が行われます。

 

4月初め・・・「神田下種祭」(しんでんげしゅさい) 清められた籾種を蒔きます

5月中旬・・・「神田御田植初」(しんでんおたうえはじめ) 苗を植え「田遊び」や「田楽」などの神事芸能を行います

9月・・・「抜穂祭」(ぬいぼさい) 稲穂を刈り取ります

10月・・・「神嘗祭(かんなめさい) 作られた稲を天照大御神にささげます

 

神嘗祭」は、年に千数百回あるお祭りのなかでも特に大切なもので、

このとき天皇陛下は、皇居の水田で自らお作りになった稲穂をお供えになられます。

 

お祭りを通して、神様に、春に豊作と幸せを祈り、秋には恵みへの感謝をささげます。

 

 

神社本庁・お宮とこどもより

 

最後に

私たちが毎日、なにげなく普通に食べているお米には、

奥深いものがあることを知りました。 

毎年、伊勢神宮では稲作りのお祭りが行われているのですね。

 

 

天照大御神様がご自分でお作りになっていた稲を『人々の食べ物にしなさい』

とお授けにならなかったら…現在、お米はなかったのですね。

神様に感謝の気持ちを持ちましょう。

 

 

稲作りは『ただの仕事ではなく、神様から授かった神聖な仕事』です。

そして農家の方が汗水流して作ってくださったお米は、昔から言われているように、

『一粒残さず食べよう』ですね。(お米に限らず!(^^)!)

 

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。