うちのみかん

日々のできごと。健康・習慣・行事・お店・暮らし…

『AⅠ崩壊』リアル感ありすぎ、10年後の日本が恐い…

f:id:uchinomikan:20200202134706j:plain

AI崩壊

うちのみかんです。

 

 

最近、観たい映画が多いです。

昨日も観に行ってしまいました~。

この映画はとても興味がある内容で公開前から楽しみでした。

10年後の日本はAIが進み、すべてが管理されてしまう時代になっていくのでしょうか…。

 

 

【STORY】

2030年ーわずか10年後の未来。
働ける人間は50%、未来を担う子供は10%未満、残り40%は老人と生活保護者。
国家として崩壊寸前の日本において、AⅠ(人工知能)は、全国民の個人情報、健康を完全に管理し、人々の生活に欠かせないライフラインとなっていた。だがそんな❝人に寄り添う❞はずのAⅠが突如暴走、年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴等から人間の生きる価値を選別し、殺戮を始めた!国中が未曽有の大混乱に陥る!

 

AⅠを暴走させたテロリストとして、警察の捜査線上に浮かび上がったのは、開発者である天才科学者・桐生だった!彼は自身の開発したAⅠに対する国の許可が間に合わず妻を亡くした過去をもっていた。逮捕される寸前に逃走を図る桐生。追うのは最新のAⅠ監視システムを駆使する警察庁のサイバー犯罪対策課。AⅠはなぜ暴走したのか。決死の逃走劇は予想もしない方向へと進んでいく!

 映画広告より引用

 

【監督・脚本】 入江悠

【音楽】 横山克

【企画・プロデューサー】 北島直明

【主題歌】「僕らを待つ場所」AI

 

【出演】

大沢たかお(桐生浩介)AI暴走テロの容疑をかけられた天才科学者

賀来賢人(西村悟) AI暴走を食い止めようとするAI管理者

広瀬アリス(奥瀬久未) 警視庁捜査一課の新米刑事捜査一課

岩田剛典(桜庭誠)警視庁理事官。サイバー犯罪対策課を指揮天才捜査官

高嶋政宏(望月剣) サイバー犯罪対策課係長

芦名 星(林原舞花) サイバー犯罪対策課

玉城ティナ(飯田眞子) 西村をサポートするHOPE社・社員

余 貴美子(ちょっと不明です) 内閣総理大臣

松島菜々子(桐生望) 桐生の亡き妻

三浦友和(合田京一) 所轄のベテラン刑事捜査一課

 

 

私の感想

主演・大沢たかおさんが演じる、天才科学者である桐生浩介は人を救うためにAIを開発し、(第一番は亡き妻・望のため)そのAIが、なぜか、人類の選別を始める…という怖い話です。

AIに管理されている人の家族構成・年齢・学歴・犯罪歴・年収・納税額・病歴・遺伝子情報・・・。

この情報により、余命価値をAIが決める。生存か死亡か…。

なんとも恐ろしいことです。

最後の最後に…そのAⅠを暴走させたのは…意外な人物でした。

 

 

桐生が逃走すれば街中の防犯カメラには映し出され、通信機器を身に付けていれば位置情報がAIにより、陸でも海でも追跡されました。

そして、桐生が逃走中の進路の予想もAIは当てこのスピードで走ると〇〇には、何時何分に到着するでしょうと予測し、道を塞ぐことも可能でした。

恐るべしAIです。逃げ切ることはできないと思いました。ハラハラしながら観ていました。

 

 

命の価値がAIによって選別される日…

そんな時代がやってくるのでしょうか…。

AIのことは解らない私ですが、AⅠは完璧なのでしょうか。

誤作動は起こらないのでしょうか…。

考えると恐ろしい時代になっていくように思えました。

AⅠは人を幸せにできるでしょうか…?