うちのみかん

日々のできごと。健康・習慣・行事・お店・暮らし…

私のお金だからいいでしょ‼ 確かに…でもね!

f:id:uchinomikan:20190121160812j:plain

うちのみかんです。

 

 

今日は気分がモヤモヤしているので

ブチマけようと思います。

 

 

うちの母は今年6月で88歳になる高齢です。

 

 

あと何年…いや、何か月…明日かもしれない

いつどうなるか分からない年齢です。

 

 

でも、87歳にはとても見えず、

年齢よりも若く元気な人です。

 

 

母に前々から頼まれていたことで、

郵便局に行き、

『定期貯金を解約し普通預金に入れたい』

から一緒に来てほしい…と。何度か郵便局には行ってます。

 

 

で、今日行きました。

 

 

私は母がいくら持っているとか、

どこに何をとか…全く知らないし、

自分のお金でもないので知りたいとも思いません。

 

 

家を出る前に私が、

『通帳・印鑑・健康保険証』を預かりました。

 

 

郵便局の窓口に行き、

『この定期を解約して、普通預金に入れたい…』

と母が言い、普通預金の通帳を開いたら・・・

 

 

名前が印字してありました。

 

 

その名前は・・・

⇩先週のブログに登場した従姉⇩

uchinomikan.hatenablog.com

 

従姉の姉の名前・・・

 

 

昨年の8月にお金を送金している( 一一)

 

 

えっ⁉

なんで⁉

 

 

昨年の暮れに従姉の妹から

のし餅が届いた・・・

これもブログに書きました。

 

⇩こちら⇩

uchinomikan.hatenablog.com

 

以前、新米やのし餅を送ってもらうと、

こっちもお返しにコーヒーがいいだの、

食用油がいいだの言うので送っていました。

 

 

昨年は、新米、のし餅のお返しもしない。

なにか送らなくてのもいいの❓

っと聞いても『いいよ。』と。

 

 

母は

『もう私も長くないから送ってきてくれるんだよ。』

と言うので、

《それもそうだな》っと思った。

 

 

そしたら...

違かった‼

 

 

1,000,000円

母から貰っているからだった‼

 

 

私は母の言葉を信じたのに嘘だった。

1,000,000円あげているから、

新米、のし餅のお返しなんてしなくていいわけだ。

 

 

先週16日に従姉達がきて、

お寿司を食べに行ったが、

母のお金なので、2人はジャンジャン高い物を注文していた。

 

 

以前のブログに書いたけど、

母は《今度はいつ逢えるか分からないし、

もしかしたら、もう逢えないかもしれない…》

と言うのはあったと思う。

 

 

けど、2人は1,000,000円くれるくらいなら、

お寿司なんて安いもんでしょ‼

っと思っていたんだろう…。

 

 

母はちょっとでも親切にされると、

『あの人はいい人だ~!いい人だ~!』

と絶賛する。

 

 

従姉達は、自分の母親には親切だった。

(私は従姉の父親は知らない)

母にも優しく接してくれるだろうと思った。

 

 

先週16日、私は

『従姉が逢いに来てくれたからって、お金あげることないからね。

こっちも其れなりにお昼ご馳走したり、お土産も用意してるし…』

と言ったら、

『分かってるわよ~!』

と言っていたが、既に1,000,000円渡していた…。

 

 

うちに来た日は手を取って歩いてくれたり、

車に乗るときも見ててくれたりと親切にしてくれた。

感謝はしています。

 

 

今日は大人気なく、郵便局で言い争ってしまった。

母は『私のお金だからいいでしょ‼』

と言ってきた。

 

 

確かに‼ そうだよ‼ お母さんのお金です‼

 

 

でも、なんでそんな大金。

姪っ子に…。

 

 

母曰く、姉(従姉の母親)には母親(私の祖母)

の面倒を診てもらって感謝してるから!と。

それ50年近く前じゃん。

面倒診たの姉さんで従姉じゃーないじゃん。

 

 

なんで今頃❓

なんで姉さんでなく、従姉に❓

(姉さんは亡くなってます)

 

 

伯父(母の兄)の面倒を

母と従姉(姉の方)で診ていたことがあった。

 

 

伯父の遺産を従姉は持って行き、

新車を購入した。

 

 

そんなこともあり、

その後、母は従姉とのお付き合を避けていた。

 

 

だが、また何かの用で付き合うようになった。

 

 

今回のことを家族にも言えないので、

亡くなった父の妹に電話して聞いてもらいました。

 

 

89歳の叔母に申し訳ないけど、

聞いてもらいました。

 

 

母の愚痴をリビングの電話ですると、

電話賃を請求されるので、2階に行き携帯で。

かなり携帯料金掛かってる~(T_T)

 

 

叔母も驚いていました。

『母親って何年前~❓

そんなとこにあげないで、他に使うところあるでしょ~。』

と。

 

 

私は物心ついた頃には、

父母に

嘘と誤魔化しの中で育てられました。

 

 

子供が一番初めに好きになる人って

父親と母親だと思うんです。

父親と母親を一番信頼し信用しているのに、

裏切られた思いがあります。

 

 

父はもう亡くなっていませんが、

母は未だに嘘や誤魔化しが治りません。(敢えて)

なので、私は嘘や誤魔化しが大嫌いです。

 

 

主人は、こんなに仲悪い母娘っているんだね。

と、呆れています。

 

 

正直、こんな母親

捨ててやりたいです。

 

 

これでまた、人が信じられなくなりました。

 

 

  

くだらない愚痴を

最後まで読んでくださり、有難うございましたm(__)m