うちのみかん

日々のできごと。健康・習慣・行事・お店・暮らし…

天国にいる大切な人に繋がる『風の電話』

f:id:uchinomikan:20200125155104j:plain

風の電話

うちのみかんです。

 

 

昨日は運転免許証更新の後に映画を観に行きました。

今回の映画は『風の電話』です。

 

【STORY】

天国に繋がる電話ボックス『風の電話』は岩手県大槌町に実在します。

その電話に電話線はつながっていない。しかし、東日本大震災以降、3万人を超える人々が、この場所を訪れている。どうしても話したい大切な人がいる。

そこにいるのが当たり前だった家族に、さよならを伝えたいーー。そんな悲しみを抱え生きる人々に、静かに寄り添う映画が生まれようとしてる。

大槌町東日本大震災に遭った高校生のハル。広島県にいる伯母の家に身を寄せているが、気持ちは大槌町に向いていた。故郷を目指し、ヒッチハイクを始めたハル。

様々な人と出会い、別れ、共に旅をしていく。ハルの目には、どんな景色が映っていくのだろうか。

2011年に、大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格さんが自宅の庭に設置した〈風の電話〉。死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから誕生したその電話は、「天国に繋がる電話」として人々に広まり、今も多くの人の来訪を受け入れている。

映画『風の電話』は、この電話をモチーフにした初めての映像作品である。難題と思われたこのテーマに挑戦したのは、『M/OTHER』、『不完全な二人』の諏訪敦彦監督。

重要な主人公ハルを、注目の女優モトーラ世理奈が演じ、西島秀俊西田敏行三浦友和ら日本を代表する名優たちが、彼女の熱演を温かく包む。

現場の空気感まで切り取り、ドキュメンタリーのように俳優たちの動きを映していく、諏訪監督ならではの手法で制作された本作。共に旅をしたような、唯一無二の映画体験が見る人の人生にそっと刻まれる。

 月刊イオンエンターテイメントマガジンより

  

【監督】

諏訪敦彦さん

 

【出演】

モトーラ世理奈さん

西島秀俊さん

西田敏行さん(特別出演)

三浦友和さん

他・・・

 

 

【感じたこと】

主演を務めたハル役のモトーラ世理奈さんは初めて見る女優さんでした。

なんとも言えぬ存在感。ふわ~って感じ。

 

電話ボックスは実在しますが、このお話はフィクションです。

が、ドキュメンタリーのようでした。

どの会話も自然で再現の会話?と思わせる感じでした。

 

2011年3月11日の東日本大震災から3月で9年が経とうとしています。

心の傷も癒えぬうちにどんどん復興は進んでいます。

複雑な気持ちだとは思いますが…前を向いて行くためには、被災地をそのままにしておくこともできないでしょう。

 

私の地元にも福島県から移住された方がいます。

自分の住みなれた町が一番だとは思いますが、住めば都になると一生懸命に馴染もうとしていらっしゃる様子が伺えます。

 

辛く苦しい思いをするのは、宿命なのでしょうか…。

魂が成長するために、辛さ苦しさを乗り越えなくてはいけないのでしょか…。

神様は乗り越えられないものは与えないといいます。

意味があるから必然的に合うのでしょうか…。

幸せを感じるためには、辛く苦しい思いをしないといけないのでしょうか…。