うちのみかん

日々のできごと。健康・習慣・行事・お店・暮らし…

入浴後の乾燥を防ぐには…

うちのみかんです。

 

 

寒い季節の入浴・・・

ゆったり、ゆっくりの入浴は血行がよくなり、身体がほぐれ、ポカポカと温まり、

一日の疲れをとってくれますね。

 

f:id:uchinomikan:20190608151941p:plain

そして、この季節は肌の乾燥も気になります。

乾燥から肌を守るには、入浴時と入浴後がポイントです。

 

 

目次

 

 

体をゴシゴシ洗わない

肌は、皮脂や潤い成分によって守られています。

この季節は乾燥しやすく、皮脂や潤い成分が失われやすいです。

 

f:id:uchinomikan:20200126154714p:plain

※ボディーソープは刺激が弱く、保湿成分を含むものを選ぶ

 

体をゴシゴシ洗うことにより、肌を守る成分が洗い流されてしまい、肌の表面が傷つき、かゆみや肌荒れを起こす原因になります。

 

夏のように汗をかくこともないので、体を洗う時には柔らかいタオルや素手でも良いです。

 

 

※高温は肌への刺激が強い、浴槽のお湯は40度程度に

f:id:uchinomikan:20200126155037p:plain

 

 

 

保湿は早めに!

入浴後、肌は潤っているように見えますが、水分が蒸発しやすいです。

入浴前よりも潤いが失われてしまうこともあるので、体を拭いたら早めに保湿ケをすることが大事です!(30分以内)

f:id:uchinomikan:20200126150951p:plain

保湿は早めに!

毎年冬になると乾燥で体がかゆくなる方は、早めの時期から保湿をすると良いかと思われます。

 

かきむしって傷ができてしまった場合は、皮膚科の受診をおススメします。

湿疹(皮脂欠乏性湿疹)になってしまいます。

 

 

 

水分を摂る

入浴前と入浴後にコップ1杯の水分を摂ると、潤いが失われるのを防いでくれます。

f:id:uchinomikan:20200126150927p:plain

水分摂取

※冬場に水分摂取をすることにより、肌のためだけではなく、脳梗塞の予防風邪の予防にもなります! 

 

 

最後に

この季節になると乾燥がとても気になります。

乾燥によるカサカサ。かゆみが出る前に保湿はしておきたいと思います。

ちょっと体がかゆいな~と思ったら、保湿しています。

私が皮膚科で仕事をしていた時、冬になると乾燥からのかゆみでかきむしり、湿疹になり、その湿疹が広がり治らず受診、という患者さんが結構いました。

なるべく病院には行きたくありませんものね…。

 参考:メディカルライフ教育出版より引用・皮膚科の先生より実際聞いた話・見たこと