うちのみかん

日々のできごと。健康・習慣・行事・お店・暮らし…

梅雨の気候は、足がむくみやすくなる原因

 


f:id:uchinomikan:20190608152021p:plain

うちのみかんです。

 

 

梅雨に入り、今日もハッキリしないお天気でした。

洗濯物が乾きにくくて困ります~。

雨も降らないと困りますが…。

 

 

女性の多くが悩んでいる『むくみ』

今日は足の『むくみケア』について書いていきたいと思います。

参考:(株)ハーブ健康本舗

 

 

一般的に、立ち仕事やデスクワークなど、長時間同じ姿勢でいることで起こりやすい

といわれていますが、この時期は、梅雨の気候にも原因があるようです。

 

 【目次】

 

 

男性より女性がむくみやすいのは、

女性の方が筋肉のポンプ機能が弱いためだそうです。 

   

f:id:uchinomikan:20190609023017j:plain

 

下半身に溜まった水分は、ふきらはぎの筋肉がポンプの役割を果たし、下から上へと押し上げられているそうですが、疲労や運動不足により押し上げるポンプの力が低下すると、下半身に水分が溜まったままの状態となり、むくんでしまうそうです。

 

 

【むくみの原因】

気圧の低下

梅雨の時期は、気圧が低いことが多く、その影響で自律神経のバランスが乱れてしまうと、体に溜まった余分な水分が排出されず、むくみの原因になってしまうそうです。

 

湿気が多い

私たちの体は、汗が蒸発する際の熱放出を利用して体温を調節していますが、

雨が続いて空気中の湿度が上がると、汗が皮膚から蒸発しにくくなり、水分を体内に溜め込みやすくなって、むくみに繋がるそうです。

 

 

【足のむくみを取り、めぐりを良くするつの方法】

 

f:id:uchinomikan:20190608151941p:plain

方法体を温めてめぐりをUP

 

体内のめぐりが悪くなる水分が溜まるむくむさらに冷える

体が冷えると悪循環になってしまうので、入浴や運動で体を温めましょう。

運動により筋肉を動かすことで、ポンプ機能がスムーズに働き、むくみにくくなるそうです。

 

体の内側からも温めるように、生姜・にんにく・唐辛子といった温め食材を一緒に摂るといいそうです。

市販の生姜チューブでもOK!

 

 

方法カリウムで排出力UP

 

むくみ解決は、体内のめぐりを良くし、余分な水分を排出することです。

強力にサポートしてくれる栄養素がカリウムです。

 

  \ カリウムが多い食品ベスト /

f:id:uchinomikan:20190608151924p:plain① パセリ 1,000mg

 

 

f:id:uchinomikan:20190608151910p:plain② よもぎ 890mg

 

 

f:id:uchinomikan:20190608151832p:plain③ アボカド 720mg

 

『 カリウムは、水分を取り込む働きをする塩分(ナトリウム)の排出を促して、体内の水分量を整えてくれるので、むくみ予防のために積極的に摂るといいそうです。

 

 

方法足枕で水分をめぐらせる

 

足枕で心臓よりも足元を高くすることで、溜まっていた水分が足先から心臓へ戻りやすくなり、むくみ解消につながるそうです。

 

 

方法リンパマッサージで溜まったものを流す

 

膝裏や足の付け根にあるリンパ節を意識して、溜まったものをやさしく流すようなイメージでマッサージします。

 

 

方法着圧ソックスでポンプ機能をサポート

 

着圧ソックスを履くと、足に適度な圧力がかかることで、足のポンプ機能が働きやすくなるので、むくみを予防することができるそうです。

 

 

【最後に】

梅雨の時期は、雨が多くジメジメ、湿度が高くムシムシしますよね。

湿度が高く暑いのでこの時期は入浴せず、シャワーですますこともあるかと思いますが、足のむくみで辛いときは、入浴で体を温めるようにしたいですね。

体の中から温めるのは、生姜を入れた紅茶などでも手軽に摂れますね。

足のむくみ撲滅しましょ~(*^^)v

 

 

 

ムクミキュアオープントゥタイプ 着圧ソックス  MLサイズ 1足

ムクミキュアオープントゥタイプ 着圧ソックス MLサイズ 1足

 

 Amazon.co.jpアソシエイト